ガンプラ制作ギャラリー

ガンプラの制作記録&ギャラリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MG Hi-νガンダム HWS Ver.Ka 改修

また仕事の合間にちょっとずつ作っていたものが完成しました。
落札まことにありがとうございました!

hwstitle.jpg

hws01.jpg

hws02.jpg

hws03.jpg

hws04.jpg

hws05.jpg

hws06.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/02/13(金) 19:47:38|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MG サザビー Ver.Ka 落札ありがとうございました!

もの凄いボリュームとディテール! どういじっていいのかわかりませんでしたので、
メタルパーツをディテールアップに使用しつつウェザリング塗装にこだわりました。
重厚感のあるいい感じに仕上がったと思います。落札ありがとうございました!

snj-title.jpg

snj1.jpg

snj2.jpg

snj3.jpg

snj5.jpg

snj4.jpg

snj6.jpg

snj7.jpg
  1. 2015/01/13(火) 19:03:47|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MG サザビー改修 落札ありがとうございました 

saz06.jpg

saz01.jpg

saz02.jpg

saz03.jpg

saz04.jpg

saz05.jpg
  1. 2013/04/21(日) 12:18:45|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MG νガンダムVer.Ka ダブル・フィン・ファンネル装備 落札ありがとうございました

newg01.jpg

newg02.jpg

newg04.jpg

newg05.jpg

newg03.jpg
  1. 2013/04/21(日) 12:12:56|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MG νガンダム改修 完成

オークションで取引をさせていただいた方との話がきっかけで、いつか作ってみようと買っておいたMG νガンダム。
1/100の改修は大変だしプロではないので、「この難物、手に負えるのか?」と思いながら肥やしとなりつつありました。
最近Ver.Kaが発売されたとのことで、雑誌で光造形の試作ショットを見た所、ごてごてディテールの
太ごっついガンダムさんじゃありませんか。
「こりゃ自分が知ってる細マッチョのνガンダム作らねば!」と一念発起、制作することとなりました。

nn09.jpg

下は説明書のキット完成画像を拝借。
このなんともカッコわるいプロポーション…。

nn.jpg

10年ちょっと前とはいえ、なんですかこの頭でっかち寸胴の脚細は!まるでジャイアント○場!
バンダイさんのここ10年での進化のすごさを実感するとともに、作れるのか?と改めて不安に…。
なんかいじればいじる程どつぼにはまりそうなので、ここは写真と説明書のイラストを見て改修ポイントをよく検討します。
νガンダムの改修をされた方はたくさんいらっしゃるのですが、それを見てもやはりアンバランスなのは頭部のでかさと肩の小ささ。
そしてスカートがでかいくせに腿がやけに貧弱、そして決め手は寸胴。
なので、このνガンダムの改修ポイントは、やはり小顔化、肩の大型化、寸胴解消、腿の幅増しとしました。
まずは全身。

nn01.jpg

ふふ!どうですこの見違えるνガンダム!
頭部は切り刻んだ後、削り込んで再接着、幅にして約3mm、高さに1mm小型化できました。
また、首の関節軸を後方に1mm移動、フェイス部分も後方・上方に1mm弱移動させることで、
幅詰めしながらもバランスの良い顔立ちになりました。

nn10.jpg

顎も長過ぎるので形状変更、ブレードアンテナの取り付け位置も1mm弱下方に移動することで、
ツインアイが見えすぎない、りりしい男前さんに変身です。首もキットよりさらに下に向けられます。
バルカン部はピンバイスで穴あけ、メタルバルカンに置き換えました。
ツインアイは蛍光グリーンにて塗装後、オーロラデカールを貼付け。胸部のセンサーと同様光の加減で
いい感じに光を放ちます。

nn02.jpg

バックショット。
本体のダークブルーとファンネルのダークブルーは微妙に色を変えてます。というか武装と本体で色分けしてます。
サイドスカートはパテによる成形で3mm強延長。
手はMSハンドに置き換えました。フレーム時は「これ、でかくない?」と思ったのですが、
実際はキットの可動式よりもずっとバランス良いです。(キットのもサーベル持たせる用で作りましたが)

nn03.jpg

ファンネルや武装を取り外した素立ち状態。
このほうがプロポーションが段違いになったのがわかると思います。
肩を2mm上方に大型化。肩関節軸を少し上に動かせるよう内部フレームを削り込みました。
これによりいかり肩のマッシブなイメージになります。
腰は下部をプラ版の積層で2mm強延長、前後左右で削り込みを行い、長くてスリムになるよう改修しました。
当初は胸部も幅詰めを行おうと思ったのですが、顔の小型化、腰の幅詰めをしたのに胸部もやってしまうといたちごっこなので、
ここはそのままとし、ギャップが強調されるようにしました。

nn04.jpg

素立ちのバックショット。
腿は左右で1mmずつ幅増し、前後の接合部を削って内部フレームのチラ見せ。
すね部の左右も同様にしてます。
改修して自分の判断が間違っていなかったことを実感。スカートがでかいんじゃなくて、腿が細すぎたんだ、と。
なんかほんとこのあたりのバランス判断間違うと、いじりようがありすぎて結果なんなのかわかんなくなりそうですよね〜
バーニアは足裏含めすべてHI-Qパーツの二重構造メタルバーニアに置き換えてます。

nn08.jpg

バズーカとシールド。
今回使用したデカールは、メタリックコーティング用が主です。これ、キットのと違ってかっちょいいのがいっぱいある上に、メタリック印刷。
アムロのトレードマークなど、半光沢トップコートの下からでもいやらしくない高級な色、出してます!
オークションで購入しましたが、これはアタリでした〜
あとはDXのユニコーン版などから。本体のラー・カイラムのマークやEFSFのマークなどがそうです。

nn05.jpg

アクションポーズ。
腰の回転軸は、遊びがあるとファンネルの自重で上半身が傾いてしまいますので(本当重いです)、
プラ版をかまして遊びを少なくしています。

EVOLVE版とか、見ていて「すっげ」って思いますが、僕の中ではもうあれはνガンダムじゃない。
この数点の改修ポイントをいじるだけで、本当に見違えるほどかっこよくなりますから、
みなさんもVer.Kaとは違うνガンダムに挑戦してみてください。(とはいえ頭部の改修はぼくにとって難儀でしたが…)

nn07.jpg

「シャア〜〜〜〜!!!!!!」

nn11.jpg

他の完成品のみんな、この人の完成を待ってました。
みんな仲良くオークション出品予定です!
  1. 2012/10/07(日) 00:57:58|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

plamaker

Author:plamaker
ようこそ!
ウェブサイトのほうもよろしくおねがいいたします!
ガンプラweb

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ガンダムUC (39)
ガンダムSEED (1)
ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダム (1)
逆襲のシャア (8)
未分類 (2)
MSV (2)
1/144 ドーベンウルフ改修 (3)
ガンダムAGE (2)
ADVANCE OF Z (9)
Zガンダム (2)
Thunderbolt (1)
鉄血のオルフェンズ (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
472位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク2

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

モデラーズギャラリー

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。