ガンプラ制作ギャラリー

ガンプラの制作記録&ギャラリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散財…

オークションも無事終了し、全品落札いただきました。ありがとうございました!

さて昨年より復活したガンプラ作りですが、離れている間に色んな公式外伝などが発表されて、
色んなMSが出ているのを知りました。
基本的に自分が見たものしか購買意欲がそそられないのですが、
とあることから「ADVANCE OF Z」を知りまして、新たな魅力の虜になったわけです。

んで、先週末よりこんなもの作り始めてます…

hz-A.jpg

サイコガンダムの腕です。
で、でかい!

hz-B.jpg

ギャプランのブースターユニットです。
で、でかい!

何作ろうとしているかは、わかる方はわかるでしょうね〜
ブームは過ぎている?のかも知れませんが、マイブームです!

それにしても、なんでしょうこの販売戦略! 乗りますけどね!
・TR-1 ヘイズル改
・TR-1 アドバンスド ヘイズル
・フルドド×2
・プリムローズ×2
・ギャプラン・フライルー×2
・サイコガンダム

ふふふ…今月は節約ですよ…
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 01:09:02|
  2. ADVANCE OF Z
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC ギラ・ズール改修 完成

ギラ・ズール(ギルボア機)完成しました。
アンジェロ機のバックパック回りを取り入れています。
MG νガンダムの後の制作だったので、HGUCはラクですね〜

gz08.jpg

以前、部分塗装で制作した時には「よくできてるな〜」と感心したものですが、
こうやって数を作り改修をするようになると、気になる箇所が出てきます。

gz001.jpg

全身。
昨日書いたように、こう見るとなんの違和感もなく見えると思いますが、股間接軸を、約4mmほど上にあげてます。
お持ちの方は、比べてみてください。脚、長過ぎですよね。
このくらいが安定感のあるネオ・ジオンMSらしさが出てきます。

gz02.jpg

バックショット。
赤い部分は、ミラーシート貼付けの後、クリアレッドで塗装しました。
アニメではヒートホークを使うシーンがあるのですが、キットに付属の取り付け部品は、
このバックパックと干渉して付けることができません。
ヒートホーク用のアタッチメントのみ単独にして、リアスカートと真鍮線で結合。
バックパックにギリギリ干渉しない所に配しています。

gz03.jpg

横からランゲ・ブルーノ砲改がよく見えるように。
センサー部分は背面と同じくミラーシート&クリアレッド。シールド、バックパック、ランゲ・ブルーノ砲との
間を縫うようにビームガトリングガンが。
ビームガトリングガンは、システムウェポンのものを使用しています。
デカールはDX02のものを仕様。機体ナンバーを「02」としたのは、ガランシェール隊の2番機(1番機はクシャトリア)という自己設定のもとです。

gz04.jpg

正面から。脚の長さが変わっただけで、抜群のプロポーションになりましたよね。
HGUCリゼルもそうでしたが、脚長スリムさんは、ガンダムではいいかも知れませんがこの人たちには似合いません 笑
モノアイはミラーシート貼付け後、Hアイズです。ハンドはMSハンド(ジオン系)を使用してます。
ランゲ・ブルーノ砲改のグリップを握る右手も、MSハンドの握り手に穴を開けたものにしました。

gz07.jpg

シールド&ビームガトリングガン。
接続はプラ版で接合部を作成し、シールドとを真鍮線で結合しています。1点だと保持力が心もとないので、
先端部の見えにくい所にもうひとつ結合部を作っています。一応取り外しできるようにしましたが、
撮影中もぽろりしやすいので出品前に接着しようと思います。
画像では見えませんが、センサー部にはHアイズ埋め込みました。

gz05.jpg

アクションポーズ。
このバックパックのボリューム、かっこいいですよね〜
作っててわくわくしました。

gz06.jpg

この人もみんなと一緒に出品します!
  1. 2012/10/12(金) 21:09:18|
  2. ガンダムUC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC ギラ・ズール改修

オークション準備の間にもう1体、作ってみたかったものを制作。
ガンダムUCのepisode.3で怒りに身をまかせるバナージを鎮めるため、
フル・フロンタルの盾になって壮絶な死をとげたギルボア・サントが搭乗していたギラ・ズールです。
以前、まだガンプラ技術が未熟な時に簡単フィニッシュで作ったことがあったのですが、再チャレンジです。
ギルボア機は、アンジェロ機と同様ランゲ・ブルーノ砲改を装備したカスタム機です。
単純に2個イチで作ろうかと思ったのですが、前から気になっていた1点プロポーションの変更をしました。

脚が長過ぎるんです…

なので、軸を上に4mm上にあげて設定画くらいの脚の長さに。それだけでもだいぶいいプロポーションになります。

gz01.jpg

もうすぐ完成しますので、改修点とともにまたアップします。
(Hアイズがなくなって明日購入せねば…)


  1. 2012/10/12(金) 02:01:33|
  2. ガンダムUC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MG νガンダム改修 完成

オークションで取引をさせていただいた方との話がきっかけで、いつか作ってみようと買っておいたMG νガンダム。
1/100の改修は大変だしプロではないので、「この難物、手に負えるのか?」と思いながら肥やしとなりつつありました。
最近Ver.Kaが発売されたとのことで、雑誌で光造形の試作ショットを見た所、ごてごてディテールの
太ごっついガンダムさんじゃありませんか。
「こりゃ自分が知ってる細マッチョのνガンダム作らねば!」と一念発起、制作することとなりました。

nn09.jpg

下は説明書のキット完成画像を拝借。
このなんともカッコわるいプロポーション…。

nn.jpg

10年ちょっと前とはいえ、なんですかこの頭でっかち寸胴の脚細は!まるでジャイアント○場!
バンダイさんのここ10年での進化のすごさを実感するとともに、作れるのか?と改めて不安に…。
なんかいじればいじる程どつぼにはまりそうなので、ここは写真と説明書のイラストを見て改修ポイントをよく検討します。
νガンダムの改修をされた方はたくさんいらっしゃるのですが、それを見てもやはりアンバランスなのは頭部のでかさと肩の小ささ。
そしてスカートがでかいくせに腿がやけに貧弱、そして決め手は寸胴。
なので、このνガンダムの改修ポイントは、やはり小顔化、肩の大型化、寸胴解消、腿の幅増しとしました。
まずは全身。

nn01.jpg

ふふ!どうですこの見違えるνガンダム!
頭部は切り刻んだ後、削り込んで再接着、幅にして約3mm、高さに1mm小型化できました。
また、首の関節軸を後方に1mm移動、フェイス部分も後方・上方に1mm弱移動させることで、
幅詰めしながらもバランスの良い顔立ちになりました。

nn10.jpg

顎も長過ぎるので形状変更、ブレードアンテナの取り付け位置も1mm弱下方に移動することで、
ツインアイが見えすぎない、りりしい男前さんに変身です。首もキットよりさらに下に向けられます。
バルカン部はピンバイスで穴あけ、メタルバルカンに置き換えました。
ツインアイは蛍光グリーンにて塗装後、オーロラデカールを貼付け。胸部のセンサーと同様光の加減で
いい感じに光を放ちます。

nn02.jpg

バックショット。
本体のダークブルーとファンネルのダークブルーは微妙に色を変えてます。というか武装と本体で色分けしてます。
サイドスカートはパテによる成形で3mm強延長。
手はMSハンドに置き換えました。フレーム時は「これ、でかくない?」と思ったのですが、
実際はキットの可動式よりもずっとバランス良いです。(キットのもサーベル持たせる用で作りましたが)

nn03.jpg

ファンネルや武装を取り外した素立ち状態。
このほうがプロポーションが段違いになったのがわかると思います。
肩を2mm上方に大型化。肩関節軸を少し上に動かせるよう内部フレームを削り込みました。
これによりいかり肩のマッシブなイメージになります。
腰は下部をプラ版の積層で2mm強延長、前後左右で削り込みを行い、長くてスリムになるよう改修しました。
当初は胸部も幅詰めを行おうと思ったのですが、顔の小型化、腰の幅詰めをしたのに胸部もやってしまうといたちごっこなので、
ここはそのままとし、ギャップが強調されるようにしました。

nn04.jpg

素立ちのバックショット。
腿は左右で1mmずつ幅増し、前後の接合部を削って内部フレームのチラ見せ。
すね部の左右も同様にしてます。
改修して自分の判断が間違っていなかったことを実感。スカートがでかいんじゃなくて、腿が細すぎたんだ、と。
なんかほんとこのあたりのバランス判断間違うと、いじりようがありすぎて結果なんなのかわかんなくなりそうですよね〜
バーニアは足裏含めすべてHI-Qパーツの二重構造メタルバーニアに置き換えてます。

nn08.jpg

バズーカとシールド。
今回使用したデカールは、メタリックコーティング用が主です。これ、キットのと違ってかっちょいいのがいっぱいある上に、メタリック印刷。
アムロのトレードマークなど、半光沢トップコートの下からでもいやらしくない高級な色、出してます!
オークションで購入しましたが、これはアタリでした〜
あとはDXのユニコーン版などから。本体のラー・カイラムのマークやEFSFのマークなどがそうです。

nn05.jpg

アクションポーズ。
腰の回転軸は、遊びがあるとファンネルの自重で上半身が傾いてしまいますので(本当重いです)、
プラ版をかまして遊びを少なくしています。

EVOLVE版とか、見ていて「すっげ」って思いますが、僕の中ではもうあれはνガンダムじゃない。
この数点の改修ポイントをいじるだけで、本当に見違えるほどかっこよくなりますから、
みなさんもVer.Kaとは違うνガンダムに挑戦してみてください。(とはいえ頭部の改修はぼくにとって難儀でしたが…)

nn07.jpg

「シャア〜〜〜〜!!!!!!」

nn11.jpg

他の完成品のみんな、この人の完成を待ってました。
みんな仲良くオークション出品予定です!
  1. 2012/10/07(日) 00:57:58|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC リゼル改修 小説版リゼルC型 完成

ユニコーンガンダムやデルタプラスの改修の時に購入したメカニカルアーカイブを見ていて、作りたくなったリゼル。
デルタプラスと同様に、大きな所、細かい所で設定が違うんです。
このリゼルも小説版になるべく近づくように改修して行きました。
キットはプロポーションがずいぶんスリムで、そのあたりも設定画のごつい人になるようにしています。
まずは全身。

rz01.jpg

主な改修ポイントは頭部形状変更、胸部形状変更、腰の幅詰め、肩アーマーの形状変更、二の腕のボリュームアップ、
フロントスカートの小型化、脚内側の形状変更、足首軸改修による短足化(笑)、つま先の延長、股間接軸の新造による股位置の移動、
シールドの小型化、バックパックの形状変更、メガランチャーの単独化、です。要はほとんどいじってます。
手はデルタプラスから拝借。
カラーリングは、設定画に近づけようかと思ったのですが自分のイメージよりだいぶダークトーンなので、
ここはオリジナリティを出してもう少し明るめのエメラルドグリーンっぽい色合いにしました。

rz02.jpg

背面。今回の大きな改修ポイントのひとつ、バックパックの形状変更です。
コマンダータイプのみこのバックパックを使用するわけはなく、作戦によって使い分けるのだそう。
小説版設定では、ジェガンなどを牽引するためのグリップがありません。また、先端部の形状も違い、
ウイング等はずいぶん小さくなっています。
まず、グリップ収納部分はパテで埋め込んだ後削り込んで成形、先端部もパテ&プラ版で新造しています。
ウィングは設定画を参考にヤスリで削っていきました。

rz03.jpg

メガランチャー装備。バックパックと接合されてませんので、どんなポーズでも構えることができます。
バックパックの接合部は、比較用と予備として購入したリゼル一般機から拝借。
股間接軸は、プラ棒で新造、外側に3mmずつ出しました。腿に取り付けられているサイドアーマーは
逆に軸を短くし腿にフィットするようにしてバランスをとっています。
設定画のプロポーションは、リゼルの開発系譜にあるメタスを彷彿させるものであり、
この改修がメタスプロポーションに近づく手助けをしています。

rz04.jpg

脚部比較。一番の違いはすね内側のフラット形状化です。プラ版で段差埋めの後形状を削り出し、
あとはパテ&ヤスリでフラットにしていきました。
また、足首の軸を1.5mmほど上に移動。やけに足長スリムだったプロポーションを解消しています。
つま先はプラ版の積層で2mm強延長しました。
足首付近のすね装甲の形状の違いもわかってもらえると思います。

rz05.jpg

胸部・頭部比較。
胸部はまず中央をボリュームダウン。左右の形状をプラ版&ディテールパーツで新造しました。
グリーンと紺の胸部の比率が違うのが見て取れます。ダクトが配されている近辺です。
また、腰部は削り込みによる幅詰め。1.5mmくらいずつ幅詰めしてます。
これでさらにメタスプロポーションに近づきます。
フロントスカートもやけでかすぎるので設定画に合わせ小型化しました。
頭部はこれも小説版に合わせてバイザーの形状変更とトサカのボリュームアップ、頬部分の形状変更、後頭部の形状変更です。

rz06.jpg

頭部横からの比較。頬部分の形状や後頭部の形状が大きく変わり、トサカが高くなっているのがわかると思います。

rz07.jpg

シールドの比較。設定画はもんのすごく小さいんです。なので、キットのシールドを6分割、それぞれを削り込み再接着することで小型化しました。
羽のような部分などはプラ版で新造しています。シールドは装着時に裏側も見えるので、そのあたりのクリアランスの確保に苦労しました。
あ、ここまでいじっているので変形は無理です…。できるっちゃできますが、変形用パーツ作ってませんし、保持が難しいです。

rz08.jpg

みんな一緒にオークション出品準備中!
  1. 2012/10/06(土) 23:35:41|
  2. ガンダムUC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンダムAGE-1レイザー完成

ホビージャパンの付録に惹かれて、放映を全く見ていなかったガンダムAGEを作ってみました。
このシリーズのMSって、メカデザイナーの方の個性が出過ぎて(というかガンダム00に近すぎて)、
あまり好きになれなかったんですよね。
でもガンダム00は好きで見ていたので、「お、なんかGNなんとかソードみたい!」って思って、
この付録作りたいがためにAGE-1を購入した次第です。

age01.jpg

ななめの決めポーズ。
ツインアイにオーロラデカールを貼ってます。
肩にディテールパーツでダクトを追加しています。
首はジャンクパーツと合わせてディテールアップしたものに改修。
手は、MSハンドを改造、プラパイプ等で手首軸を新造しました。
立ちポーズの時に、握りこぶしがしっかりしてるのって、ぼくにとってとても大事なことなのです。
キットの手はものすごく小さいのですが、これくらいのほうがマッシブな感じが出ていいですよね〜
あとは各部のエッジ出し、アンテナやバックパックのシャープ化などくらいです。

age02.jpg

この人はプロポーション変更はしませんでした。見てないので、自分の中でイメージが湧きづらかったのもありますが。
ブレードは、パールグリーンで塗装。設定画のような淡い感じが出せました。

age03.jpg

アクションポーズ

age04.jpg

MSハンドを使用した都合で、ブレードを手で持つのはオミットしました。

age05.jpg

みんな仲良くオークション出品予定です!
  1. 2012/10/06(土) 01:23:34|
  2. ガンダムAGE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)改修完成

合間で作っていたギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)です。
プレミアムバンダイのみで販売されていたMSVですが、シナンジュ強奪時に登場していたと言う
設定に惚れて作ることを決めました。発売中のギラ・ドーガに袖付きの新規パーツとギラ・ズールの武装がついた豪華パックとなっています。

gd0001.jpg

このキットで気になったのは、やはり顔。なんかかわいい顔してますので、もう少しいかつい悪顔にしたく改修しました。
プロポーションはいいので、大きな改修はせずディテールアップに注力しています。
まずは決めポーズ。改修ポイントは顔、肩のバーニアの二重構造化、胸部中央をボリュームアップ、首の延長です。

gd02.jpg

設定にはないですが、バックパック下にはグレネードとバズーカとヒートホークを収納するラックを装備。重装備仕様としています。
塗装色ですが、キット見るとなぜかシャアザク色。一年戦争、グリプス戦役、第一次・第二次ネオ・ジオン戦争と
歴代シャア専用MSが開発されて行く中で、最後のMSサザビーなどは深紅だったのに、
なぜこの期に及んでフル・フロンタルがそんな古くさいカラーリングにしますかっ!
ってなわけでサザビーレッドです。絶対このほうがかっこいい自信ありです。
また、最後に軽くウェザリングしました。

gd03.jpg

頭部アップ。首軸を延長、市販のパーツを使用して取り外しを用意にしています(折れるといやなので)。
そしてかわいさを演出してしまうモノアイ近辺は、パテで成形しモノアイがもう少しかくれるように。
首の延長により可動範囲が広くなり、より下向きにできますので、ワルな感じがアップしました。強そう〜
(画像はモノアイを見せるため、少し上向きにしています)
モノアイはメタルシール貼付け後、Hアイズを仕込みました。また、一歩間違うとたこオヤジ的な口のダクト部は、
一度開口した後メタルバルカンを埋め込み、ディテールアップしました。

gd05.jpg

アクションポーズ。ディテールアップはプラ版でのパネル追加、スジ彫り、ディテールパーツ追加などが主です。
手はMSハンド(ジオン系)を使用しました。首の延長で、ここまで上を向かせることができます〜

gd04.jpg

重装備仕様。グレネードやシュツルム・ファウストは、あえてジオンぽくモスグリーン系の色合いにしました。
全体のプロポーションが秀逸なので、重武装でもしっかり決まります。
左手の銃持ち手って貴重。MSハンドはこれがついているからナイス!しかも2セット!
ビームサーベル持ち手があったら、800円でも買うのになぁ…

gd06.jpg

今回なにげに大変だったのが、これ。ネオ・ジオンの紋章。プラ版から切り出しました。目を凝らしすぎて頭が痛くなりました 笑
キットはシールで、しかもシールドにはシャア時代の紋章のモールドが入っていますので、なんとも残念。
最初はモールドを埋めるだけでシールで我慢するか…と思ったのですが、どうせここまでやったなら!と作ってみました。

この人も一斉にオークション出品します〜

  1. 2012/10/06(土) 01:18:17|
  2. ガンダムUC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MGνガンダム改修その3

久しぶりの1/100、MG νガンダム改修やっとこさ完成です。
いじればいじるほど、オリジナリティは出せるのかも知れませんが、アニメや設定画のイメージを残しつつ、プロポーションをもっとかっこよくして自分の好きな細マッチョのνガンダムにすべく組みました。なかなか自分としては気に入る感じにできたと思います。

n06.jpg

MGクラスをもうひとつ買うほど裕福ではないので、並べて比較できませんが、ポイントにしぼった改修で、
見違えるポロポーションになります。一番大変だったのは、やはり頭部の小型化でしょうか。
  1. 2012/10/04(木) 22:54:37|
  2. 逆襲のシャア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

plamaker

Author:plamaker
ようこそ!
ウェブサイトのほうもよろしくおねがいいたします!
ガンプラweb

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ガンダムUC (39)
ガンダムSEED (1)
ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダム (1)
逆襲のシャア (8)
未分類 (2)
MSV (2)
1/144 ドーベンウルフ改修 (3)
ガンダムAGE (2)
ADVANCE OF Z (9)
Zガンダム (2)
Thunderbolt (1)
鉄血のオルフェンズ (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
344位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク2

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

モデラーズギャラリー

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。